研究留学

【計21種類】研究留学のための助成金一覧!レビューあり!

助成金の獲得

助成金リスト

この記事では、私が見つけた2020年度の助成金締め切りの「月」毎にリストアップしました。

  • 応募資格は各財団で細かく設定されています。自分の主観で一部だけを抜粋しました。また、2021年度以降は資格が変更されている可能性もあります。
  • 自分の条件にあった助成金を優先的にリストアップしています。分野を変えれば他にもたくさんあります。
  • 締切日は毎年変わるので「〇月」はあくまで参考です。

 

5月

1. JSPS 日本学術振興会海外特別研究員

主な応募資格

・学術研究機関に所属する研究者。又は、当該研究者を志望する者。

・博士の学位を取得後5年未満の者。見込みでも良い。

助成額

往復航空券、滞在費、研究活動費(年額約380万円~520万円/年×2年間)

採用枠約130名

一番メジャーなやつです。

助成額が高額で、しかも2年間というのが魅力的です。

採用率は20%ぐらいのようです。

既に留学中でも応募可。

NIH に留学する人は、そこ専用のが別にあり。

募集時期が早く、私は間に合いませんでした。

 

2. 持田記念医学薬学振興 留学補助金財団

主な応募資格

・45歳未満。

・対象分野の指定あり。

助成額1件50万円

採用枠20件

応募した年度を対象とした助成金。

 

3. アステラス病態代謝研究会 海外留学補助金

主な応募資格

・これまで1回で1年間以上の海外留学の経験がない。

・200万円を超える海外留学助成を獲得していない(前年度募集分も含む)。

・博士号取得済み、もしくは出国日までに博士号取得見込みの研究者。

助成額最大400万円/年×1年

採用枠10名前後

応募した年度を対象とした助成金。

 

6月

4. 三越海外留学渡航費助成

主な応募資格

東京都並びに東京都近隣4県の大学医学部、医学研究施設、病院に所属する専任職員。

・留学に際して他財団等から同様の目的で助成を受けていない者。

・基礎及び臨床医学に関する研究者。

助成額総額300万円

採用枠総額を複数名で分散。2019年は3名採択。

 

7月

5. 第一三共生命科学研究振興財団 海外留学奨学研究助成

主な応募資格

・過去に海外留学の経験がない。

・助成採択後に出国する研究者。

助成額年間550万円/年×最大2年間

採用枠5件程度。

上の内容は、早くも発表されている「2021年度 募集要項」の情報を元に書きました。

2020年度は300万円×2年間だったですが、大幅に上方修正されたようです。

また、締め切りも6月→7月になりました。

私は学内選考で落ちてしまい、応募できませんでした。orz

 

6. 安田記念医学財団応募要項 海外研究助成

主な応募資格

・癌に対する治療・研究に従事している医師。

・申請時、国内在住者。

助成金額150万円/年×1年間。

採用枠3件以内。

 

7. かなえ医薬振興財団 海外留学助成金

主な応募資格

・35歳以下。

・対象分野の指定あり。

・既に海外留学している、又は12月末までに出発+翌年1年間留学。

助成額 100万円/年×1年。

採用枠7件

私は応募の翌年に留学する予定だったため、応募資格を満たしませんでした。

2021年度は海外留学助成金の募集は行わないようです。

 

8月

8. HFSP ヒューマンフロンティアサイエンスプログラム

主な応募資格

・長期フェローシップと学際的フェローシップで異なる(要参照)。

助成額生活手当14万ドル+研究費1.5万ドル(一例)/3年

採用枠ざっと調べた範囲では分かりませんでした。

国際的な Fellowship program です。

日本からも多く採用されています。

申請書はすべて英語で余裕がなかったので申請しませんでした。

応募される方は、以下のサイトにコツが書かれておりオススメです。

HFSPフェローシップ獲得の方法とコツ

 

9. 東洋紡バイオテクノロジー 長期研究助成

主な応募資格

・39歳以下。

・初めての海外留学。

・Phd 取得後5年以内。

助成額 550万円/年×1年

採用枠 7枠

期間は1年間のみですが、大型の助成金になります。

 

9月

10. 上原記念生命科学財団

主な応募資格

① ポストドクトラルフェローシップ

・博士号を有するか、翌年4月までに取得見込み。

・33歳以下(医学部卒は36歳以下)。

・助成期間中の年収が250万円以下(助成金を除く)。

 

② リサーチフェローシップ

・博士号または同等以上の業績を有する若手研究者。

・37歳以下(医学部卒は39歳以下)。

・助成期間中の年収が600万円以下(助成金を除く)。

 

助成額 450万円以内/年×1年

採用枠約60件 ②約80件

採用枠が多く、海外学振に次ぐメジャーな助成金です。

海外からも応募可。

難点としては、前述の通り、各大学から1名ずつしか応募できないので学内選考が1つの山場です。

ちなみに、申請するのが「ポストドクトラルフェローシップ」「リサーチフェローシップ」で異なっていれば、同じ大学からでも応募が出来そうです。

また、採択者をみる限りでは、勤務医は学内選考がない市中病院からでも応募が出来そうです。

 

11. 内藤記念海外留学助成金

主な応募資格

・41歳以下。

・博士号を取得または、取得見込み。

助成額450万円/年×1年

採用枠10名以内

注意事項をみる限り、勤務病院からの応募は難しいようでした。

つまり、学内選考で選ばれる必要があります。

 

12. 国際医学研究振興財団 海外留学助成

主な応募資格

・40歳未満。

・1年以上の研究留学の経験がない。

・留学中の年間収入が500万円未満(本財団の助成金を除く)。

助成額 最大250万/年×2年

採用枠 5名

助成額が250万円以下なので、他の助成金と併用しやすい特徴があります。

しかし、採択枠が5名なので厳しい競争です。

 

13. 中谷医工計測 技術交流助成 留学プログラム

主な応募資格

・テーマ:医工計測技術の発展に貢献する研究。

・40歳以下。

・大学院生は留学先で博士課程に入学する者。

・既に留学中の者は対象外。

・留学中に現在の所属機関より報酬が支払われない。

助成額: 渡航費 上限30万円 + 300万円/年×最大3年

採用枠: 「助成実績」を拝見する限り4~6名。

自分の研究テーマが医工計測技術に関連するか不明瞭だったので、応募しませんでした。

記憶する限りでは、学内選考は必要なかったと思います。

 

10月

14. 武田科学振興財団 海外研究留学助成

主な応募資格

・37歳以下。

・MD+PhD, PhDは見込みでも可。

・留学中の年間収入が600万円以下。

助成額

・海外渡航費往復40万円 + 滞在費 480万円/年 × 2-4年

・留学1年半後に、延長の可否、延長期間を再審査。

採用枠10件

高額でしかも採用年数が長いのが特徴です。

学内推薦を頂けたので応募しました。

「戸籍謄本」「健康診断書」「語学能力の証明書写し」などの必要書類が多く、申請した中では準備が最も大変でした。

 

15. 山田科学振興財団 長期間派遣援助

主な応募資格

・日本国籍を有する研究者、もしくは日本の研究機関に所属する研究者。

助成額 100万円~200万円(申請区分に依存)

採用枠「過去の実績」を拝見する限り恐らく10名以内

推薦にあたり、学内選考は必要なかったと記憶しています。

 

16. 日本呼吸器学会 海外留学助成金   

主な応募資格

・42歳未満。

・会員歴5年以上。

・留学の受入側から給与がない(附則あり)。

・他の助成金との重複不可。

助成額:200万円/年×1年

採用枠:2名

応募資格がだいぶ厳しいですが、条件を満たせば「ねらい目」です。

門戸がかなり狭いためか、2020年は9月の締め切りが11月に延長されていました。

私は条件を満たさなかったので、応募出来ませんでした。

 

17. 早石修記念海外留学助成

主な応募資格

日本生化学会の会員 (年会費は正会員で7500円/年、学生会員で3000円/年)。

・学位取得後10年以内。

助成額500万円/年×1年

採用枠8名

助成額が大きいです。

会員ではなかったので、応募しませんでした。

 

18. 細胞科学研究財団 育成助成

主な応募資格

・財団理事または評議員の推薦。

40歳以下。

助成額240万円まで/年(国内は120万円まで/年)×1年

採用枠4名程度

財団関係者の推薦が必要なのが最もネックです。

一応大学内に評議員の方がいましたが、戦況をみつつ応募しませんでした。

 

11月

19. 新製剤技術とエンジニアリング振興基金 海外留学研究助成金

主な応募資格

・40歳未満。

・「製剤開発」「製剤技術」「製剤プロセスエンジニアリング」の3分野いずれかの研究。

助成額最高100万円/件

採用枠最大2件/半期(前期・後期)

自分の研究テーマが該当しないのと、戦況をみて応募しませんでした。

 

1月

20. リリー・オンコロジー・フェローシップ・プログラム

主な応募資格

・26歳から40歳までの医師。

・⽇本呼吸器学会会員、腫瘍学術部会会員。

・研究分野が「呼吸器病 腫瘍関連分野」。

助成額150万円/年×1年間

採用枠2名

応募資格によって、応募者が限定されます。

条件を満たせば、ねらい目だと思います。

 

3月

21. 「研究者育成支援研究奨励事業(創薬関連分野)」

主な応募資格複雑なので募集要項を要参照。

助成額700万/年×最長3年

採用枠0~10課題

AMED からの助成金です。

国立機関だけあって額が凄いですが、色々と条件があるようです。

興味がある方は確認してみて下さい。

私は事務局などにも問い合わせましたが、応募資格がありませんでした。

 

以上、留学助成金のリストでした!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!