基礎研究

文章力を磨く:論文、助成金、海外留学に役立つライティングスキル向上ガイド

Enhancing Academic Writing Skills for Research, Funding, and Global Opportunities

若手研究者D
若手研究者D
先生、論文執筆や助成金の申請って、本当に大変ですよね…
こるく31
こるく31
うん、わかるよ。私も日々勉強中だから。でもね、良い文章って、実は料理と同じで、小さな工夫が大きな違いを生むんだよ。
若手研究者D
若手研究者D
料理ですか?でも、こるく31先生、料理できましたっけ?
こるく31
こるく31
あっ、えっと、そうじゃなくて!料理は、えーと、あまり得意じゃないけど、文章は別!料理と似てる部分もあるかもって話。
若手研究者D
若手研究者D
あ、そういうことですか、すみません、勘違いしました!
こるく31
こるく31
いやいや、いいのいいの!とにかく、ライティングのコツを教えるから、料理の話は置いといて、さあ学ぼう!

アカデミアでは、論文執筆から助成金の申請、海外ラボへの応募に至るまで、様々な場面で効果的な執筆能力が求められます。

この記事では、研究医、ブロガー、海外在住者としての私の経験から得た、質の高い文章を書くための実践的なヒントをいくつかご紹介します!

 

効果的な学術ライティングへの道のり

読者を常に意識する

まず、ライティングにおける最大の原則は、常に読み手を意識することです。

読者のニーズや関心に合わせた文章作成を心がけましょう。

たとえば、カバーレターでは、以前の記事で指摘した内容が読者であるPI(Principal Investigator)の関心事になります。

Writing Impactful Cover Letters for Overseas Labs
研究者必見!海外ラボ採用を勝ち取るカバーレターの書き方研究留学を成功させるためのカバーレター作成ガイド。ポスドクポジションの応募を目指す若手研究者のために、効果的なカバーレターの書き方をご紹介しています。...

フォーマットにも気を配る

さらに、読者が見やすいフォーマットを意識することも大切です。

適切な余白設定、日本語の場合は漢字とひらがなのバランス、句読点の適切な使用により、文章にリズム感を持たせることが出来ます。

英文作成でも母国語のライティングスキルが重要

実は、日本語で高品質な文章を書く能力は、英語のライティングスキルにも直結します英語ネイティブの人は除きます

母国語での執筆が苦手な場合、効果的な文章の構成や論理の構築が出来ず、英語でのライティングも同様に困難になりがちです。

したがって、日本語であっても、文章を書く練習は常にしておきましょう。

面白いことに、瀬嵜智之氏の著書『Drセザキンク直伝!最強の医学英語学習メソッド』にも似た考え方が示されています。

セザキング先生によると、日本語のメール文を分析することで、相談者のUSMLE(米国医師資格試験)合格の可能性やハイスコアを取得する見込みをある程度予想できるそうです。

これは、母国語のライティングスキルの重要性を強調する納得できる内容でした。

瀬嵜智之. 『Drセザキンク直伝!最強の医学英語学習メソッド』. 医学書院, 2020年, 第1版. 第2章「英語を学ぶ前にまずは日本語から!」, p.20.

助成金を申請して書く練習をする

助成金の申請書作成は、論理的で説得力のある文章が要求されるため、ライティングスキルを鍛えるのに最適な練習法であると言えます。

大学院生の場合は、指導医からの要求がなくても、助成金の申請書は積極的に書くべきだと思います。

そうすることで、キャリアの早い段階から文章を書く能力が自然と身につくはずです。

また、他の人の申請書を添削することも、様々な表現や文章構成が学べてとても勉強になります。

重要な文書は時間をかける

カバーレターや奨学金の申請書など、重要な文書を書く際のもう一つのコツは、十分な時間をかけることです。

特に私の場合は、その日のコンディションによってライティングの質が大きく変わります。

例えば、申請書の作成では、自己アピールに集中し過ぎてしまい、読み手を置いてきぼりにした文章を書いてしまいやすいです。

そのため、初稿をざっと書いた後は一時的にそれを寝かせ、後で再び取り組むようにしています。

そうすることで、自分の文章を客観的に評価でき、より上質な文章が書けると思います。

本を読むことの重要性

効果的なライティングスキルを身につけるためには、本を読む習慣も大切です。

以下に挙げるのは、本を読むことのメリットです。

  1. プロの添削を受けた正しい文章の学習:出版された本はプロの編集者によって添削されています。これにより、文法的に正しく、流れの良い文章を学ぶことができます。
  2. 多様なスタイルとジャンルへの曝露:異なる作者の作品を読むことで、様々な書き方や表現スタイルを学べます。
  3. 語彙力の広がり:読書は、新しい単語やフレーズを学ぶ絶好の機会です。

同じ単語やフレーズを繰り返さない

特に英語のライティングで重要なことですが、同じ単語の繰り返しは避け、色んな表現を使いましょう

これまでカバーレターなどを添削してきた中では、特に「I am ~」「I have ~」といった単調なフレーズで繰り返し文章を始めている方が多いように思いました。

連続して何度も同じフレーズを用いると少し目立ってしまいます。

エレガントな形容詞を使う

英文の執筆ではエレガントな形容詞を使うことも非常に重要です。

例えば、NIHから資金提供を受けた研究のAbstractでは、以下のような洗練された形容詞が頻繁に用いられています。

Millar N, Batalo B, Budgell B. Promotional Language (Hype) in Abstracts of Publications of National Institutes of Health–Funded Research, 1985-2020. JAMA Netw Open. 2023;6(12):e2348706. doi:10.1001/jamanetworkopen.2023.48706
閲覧日2023年12月21日, Creative Commons: CC-BY license

これらの形容詞を巧みに活用することで、あなたの文章のクオリティは格段に上がるはずです。

ChatGPTなどのAIツールを利用する

上記のような代替表現や形容詞を見つける手段としては、ChatGPTのようなAIツールが非常に役立ちます

せっかくなので、ChatGPTに関する私見も付け加えておくと、英語の添削をしてもらう場合、文章が仰々しく、too wordyになりやすいです。

一方で、よりカジュアルな表現を求めると、パリピみたいな文章になりがちです。

そのため、AIを使う時は全幅の信頼を寄せているわけではなく、いつも一定の修正を加えています。

ま、私が入力するpromptのせいかもしれませんが。

 

最後に

この記事では、私がこれまでに学んだ効果的なライティングスキルについて共有しました。

私もまだ学びの途中であり、もちろん完璧な答えを持っているわけではありません。

そのため、今後も必死に勉強し、有益なスキルや知見が得られた際には、この記事を更新していく予定です。

参考までに、私がこれまで読んできたライティングスキルに関する書籍を以下のレビュー記事にまとめました。

Essential Reading for Scientists: Key Books for English Writing and Domestic Fundings
【おすすめ】英文ライティング、科研費申請のためのベストブックガイドアカデミアでは、論文の執筆や助成金の申請、さらには海外留学まで、日本語・英語問わず、様々な場面で効果的なライティングスキルが求められます...

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

共に、ライティングスキルを磨いていきましょう!